当サイトオリジナルインジケーター【特典】

2021年5月26日

当サイトオリジナルインジケーター

当サイトオリジナルインジケーター「THQ」「RALUU3」を特典としてプレゼントしています。

2つを1つのファイルに入れて特典にしています。それでは2つのインジケーターの詳しい解説をしていきます。

THQ

THQはメインチャートに表示される青と赤を帯状に表示するトレンド系インジケーターです。見ての通り、赤が上昇、青が下降というシンプルな表示となっています。

 

こちらは移動平均線とは違い、上昇、下降を色で判断することができます。リペイントなどもありません。

ご覧の通り、赤がアップトレンド、青が下降トレンドとなっており、大きいトレンドが発生するとこのように帯に乗って大きい利幅を獲得することができます。

色の反転でトレンド終了、転換

基本的には色が変わった時点でトレンドが終わり、トレンドの転換と判断して使用します。

大きい時間足を同時に表示させて使うとより精度が高くなります。

RALUU3

RALUU3はサブウィンドウに表示されるヒストグラムとラインの2本のインジケーターです。MACDに似ていますが、MACDのようにゼロラインはありません。

 

トレンドの強弱とエントリーシグナル

RALUU3はトレンドの強弱をはかりながら、ラインとヒストグラムのクロスでエントリーするときに使用します。ゴールデンクロス、デッドクロスというのが基本的な使用方法です。

 

売りに特化したインジケーター

FXは買い(上昇)、売り(下降)しかありません。その2つの中でも上昇トレンド(ロング)より、下降トレンド(ショート)のほうが利益が取りやすいと言われています。

 

その理由は、下降のほうが一気に落ちていくからです。上昇はゆっくりじわじわ上がっていくのに対して、下降は一気にストンと落ちていくパターンがFXでは非常に多いです。

 

RALUU3は売りだけを狙ういやすくするために、グリーンのヒストグラムを白ラインが抜けたときが売りエントリーというシンプルで見やすいシグナルにしてあります。

売りだけを狙うことは、トレードを極限まで絞ってトレードすることになるので、無駄なエントリーが減り、損失を最小限に減らすことができます。

THQとRALUU3を組み合わせてみる

例として1つトレードのパターンを表示してみました。THQ(メインチャート)とRALUU3(サブチャート)を組み合わせてトレードしてみます。

 

THQが青の帯になったら売り目線です。そしてRALUU3が緑色のヒストグラムを抜けたら売りエントリーしていきます。見えにくいですが、縦の赤ラインがエントリーポイントです。その後利益が取れているのがわかります。

最後に

THQとRALUU3はシンプルに機械的にトレードする為に作成しました。また買いも売りもやるのに使うのもいいですが、やはり売りだけを狙ういわゆるショーター(売り専門)トレーダーで確実に利益を残していくためにこの2つのインジケーターを使っていくのがおすすめです。

 

今後は有料販売していくつもりです。今は有料インジケーター購入者のみの特典【プレゼント】として2つまとめて配布します。

この機会にどうぞ。