当サイトオリジナルインジケーターの優位性

本日のチャートです。ドル円5分足でのデイトレードで当サイトオリジナルインジケーター「RALUU3」と「THQ」を使って優位性を検証しています。

 

やはり夕方の時間帯などはトレンドが発生すればそのまま伸びていく傾向があります。矢印付近での「売り」エントリーです。約10PIPSほど取ることができています。

 

あと、ポンドル、ポンド円、などのボラティリティの高い通貨であれば、もっと獲得PIPS数は増えます。こちらのインジケーターの凄みは「売り」エントリーだけに絞っていることです。

エントリーを絞ると損失が減る

FXでは買いと売りがあります。その内どちらもエントリーするとなるとよほどのプロトレーダーでなければ生き残ることができません。僕も過去に何度も大きな損失を残しています。

 

なので、買いか、売りのどちらかのエントリーだけ一択に絞ってエントリーすると決めてトレードするようになりました。売りだけに絞ったことで、上がったと思ったら買い、下がったと思ったら売りという往復ビンタ損失もなくすことができるほか、下がるときの大きな動きで大きい利益を残すこともできます。

RALUU3の優位性

とくに「RALUU3」はヒストグラムとラインの2つで構成されているんですが、ヒストグラムからラインがでたときは売りエントリーを入れます。

 

もちろんレンジなどの動きのない時間帯などは損失もあります。ですからトレンドの出やすい時間帯を狙ってトレードします。またドル円だけでなく、ポンドル、ユーロドル、ポンド円などのメジャー通貨から、マイナー通貨までさまざまな通貨で使用できます。

 

RALUU3とTHQを使って「売り」だけに絞ればどの通貨でも戦略をたてることが可能になります。RALUU3とTHQは有料インジケーターの特典としてお付けしています。ぜひトレードに取り入れてみてください。

詳しくはこちら▶ドラゴンストラテジーFXインジケーター