サインインジケーターのトレード手法

サインインジケーターはトレーダーの中では敬遠されがちです。プロのトレーダーの多くは裁量であり、その手法を独自で開発し、生き残ることに成功しているからです。

 

ただトレーダー歴の浅い初心者トレーダーなどはどうすればいいのでしょうか。やはりサイン(確率されたロジック)でのエントリーサインを基準にして勝っていく手段も取り入れるのも悪くないのではないでしょうか。

サインでトレード手法のメリット

やはりメリットは機械的なトレードを実現することです。機械的なトレードというのは流れ作業に似ています。何も考えることなくエントリー、利確を行うことができます。

上がるのか、下がるのか、それともレンジなのかを考えることなく、サインのみに従いトレードすることで自らが考えたトレード手法ではなく、過去のFXの中で確率されたロジックに従うトレードを行うことができます。

サインでトレード手法のデメリット

サインをシグナルにトレードするデメリットは、独自の手法を確立したトレードではないことです。サインのみのトレードで勝つこともあれば、負けることがあります。

 

負けた要因などを検索することが不可能なので、トレードを極めたい人にはサインをシグナルにトレードする手法は向いていないといえます。

トレード歴の浅い人にはシグナル手法

これから上がるのか、下がるのかをサインで教えてくれるツールはたくさんあります。やはり無料のインジケーターのサインは無料だけの価値しかありません。

 

武器としてほかのインジケーターとの併用で良い武器になる可能性もありますが、それを探すのは非常に手間です。有料のものはそれぞれが揃っていて、ロジックも勝てる仕様になっています。

 

トレード歴が浅く、勝てない期間が長くなるとどうしてもサインが表示されるツールに頼ってしまいます。ですが、それも良い方法だと思います。まずは相場の中で生き残る手段を選ぶのが優先です。

ドラゴンストラテジーFXインジケーター