モンスター・トレンドゾーンFXの検証とレビュー【特典付き】

モンスター・トレンドゾーンFXは、過去に販売されていたドラストFXや、ブラストFXの販売元と同じ会社からの新しい商材になります。今までの商材でも同じように5分足ベースのトレードをメインにしたツールやインジケーターを販売してきましたが、今回のモンスター・トレンドゾーンFXも同じく5分足でエントリーするために開発されたインジケーターが売りとなる商品になります。

モンスター・トレンドゾーンFXの内容

モンスター・トレンドゾーンFXは、その名のとおりトレンドゾーンが表示される仕組みのインジケーターがついてくる内容になっています。そのトレンドゾーンに従ってトレードしていきます。

モンスター・トレンドゾーンFXのエントリーをしていくルールとしてはシンプルなものになっています。まず上の画像でもあるように赤のゾーンでは売り優勢のゾーンになっています。そのため下がる傾向にあります。そのあと赤ゾーンを抜けたあとに緑のゾーンが表示されたときは買い優勢になります。矢印が表示されています。この矢印ではエントリーするタイミングを表示していますが、これにもちゃんとルールが整っています。赤ゾーンでは売り優勢なので、下向き(黄色)の矢印のシグナルに従ってエントリーしていきます。何度も矢印が表示されますが、ゾーン内の3つ目までにエントーしていくのがルールで、それ以降の矢印表示は無視していきます。

何度も矢印が出るのは売り優勢で仕掛けるので、ロジック的には何度もエントリーチャンスということになりますが、エントリーを繰り返してもあまり大きな利益が取れません。大きく獲得するにはゾーン内に入って早めにエントリーしていかないと思っているよりも納得できないトレードになってしまいます。

 

エントリー後決済するタイミングは、ゾーンを抜けきったあとになります。どこまでポジションを保有するのかははっきりわかるのでこのあたりは使いやすいかと思います。使用できるのは5分足で、トレンドに乗る今まで販売されていた過去の商材と同じような似たロジックのインジケーターのようです。

 

モンスター・トレンドゾーンFXのおすすめ通貨ペア

過去に販売されていたドラストFXでもこのようなメーター系のインジケーターがついていました。現在の方向性や、売り優勢なのか買い優勢なのかはっきりわかるように表示してくれる便利な機能です。これを表示させておくだけでも方向性がわからないトレーダーなどにとっては重宝するのではないでしょうか。

通貨は自分の好きな通貨でトレードするのがベストですが、推奨はドル円、ユーロドル、ユーロ円、などメジャーな通貨が多いです。検証を行ったときは一番メジャーなドル円での検証でした。何度かゾーンと矢印でのトレードを行っていますが、個人的にはドラゴンストラテジーFXの方がシンプルで好きです。

 

こういったゾーンを表示するインジケーターは海外のFXインジケーターやツールなどフリーでダウンロードできるサイトでも見かけたことがあります。もちろんロジックは違いますが、基本的には2パターンの色で表示させるボックス系に似ていると思います。

 

フリーのインジケーターとモンスター・トレンドゾーンFXの違いは、メーターが表示されているのと、おそらくADXを利用したロジックで矢印も表示するという点で、各段に便利な機能が搭載されているところです。

 

5分足でトレードを行うのはほとんどの商材で使われている時間足ですが5分足はよく動く時間足なのでトレンド発生などをとらえやすいのだと思います。その分ダマシなどもあるので注意も必要です。ダマシを回避する方法の1つとしては大きい時間足も同時に表示させておくと、方向性がわかりやすいので便利です。その方向性をすぐわかるようにしているのがモンスター・トレンドゾーンFXでの下の画像のメーターになります。

モンスター・トレンドゾーンFXの手法

まずゾーン内で矢印が点灯したら、その方向へエントリーします。ストップロスは直近の高値、安値におきますが、僕はストップは適当にしています。だいたい資金にもよりますが、30pipsぐらいに設定しておきます。ゾーンが表示されている間はポジション保有です。ゾーンをローソク足が抜けたら決済します。トレンドフォローの手法になりますが、せっかくモンスター・トレンドゾーンFXのインジケーターを表示しているので、そのインジケーターのみに頼ってトレードします。

エントリーチャンスは多めだと感じますが、トレンドが発生していないとそこまで大きな利益は出せません。矢印表示に従うだけでは納得のいくトレードはできませんでした。(3日間検証)

ドル円だとあまり動きのない日と、動きのある日がまちまちなので、ボラティリティの高いGBPJPYなどでトレードを行うほうがいいかもしれません。よく動いて、トレンドの発生も多いです。時間帯でいえばドル円でも朝の9時あたりからはブレイクしたりもあるのでこの時間にもねらい目ですね。

モンスター・トレンドゾーンFXの勝率

勝率は約5割以上といったところになります。勝率よりも利益重視で行うのが基本ですが、勝確率でいえば半分ほどになります。取れる利益によっては勝率も関わってくると思いますが、レバレッジにもよるのでこのへんは参考までにとらえていただければと思います。

モンスター・トレンドゾーンFXは、順張り手法になります。順張り手法でいえばトレンドに乗って、ポジションをすぐに決済してしまう方にとっては、モンスター・トレンドゾーンのようにゾーン内でのローソク足の動きを見ているだけでいいので長く保有できる確率が増えます。ゾーンを抜けたあとは反転してトレンドが変わるのでそこも反転を狙うのに便利なゾーンの表示になっていると思います。

トレンドが発生した場合だけでなく、方向性を捉えるツールとしてはかなり便利で、わかりやすい機能になっていると思います。小さい足だと方向性はすぐに変わったりするのでゾーンがある間はその方向性だけを狙ったトレードができるので見えやすさでいえば評価は高いです。

 

モンスター・トレンドゾーンFXのデメリット

モンスター・トレンドゾーンFXはゾーンを表示してメーターでその方向と勢いを確認するツールが搭載されています。過去商材と似たようなツールで機能的にも似ている部分があります。この点は便利だとおすすめできる部分ですが、ゾーン内に依存してトレンドが発生しない場合、そのときにもよりますがあまり利益を出せない可能性があります。

 

たとえば、方向性はあっているのですがエントリーしてもすぐに逆行、レンジ状態であればどちらかというと逆張り手法を用いらないとなかなか大きな利益は出せません。モンスター・トレンドゾーンFXはあくまで順張りで大きなトレンドが発生することでゾーンの方向性とゾーン内でのポジション保有などのメリットが活かされます。小さい動きでもゾーンと矢印は表示されるので少し紛らわしさを覚えるかもしれません。

 

もう1つのデメリットは、別売りツールが必要になってきます。利益ライン自動生成ツールというツールはモンスター・トレンドゾーンFXとは別途料金が発生します。利益ライン自動生成ツールがなくてもトレードは充分行えます。

【特典付き】モンスター・トレンドゾーンFX

当サイトオリジナルインジケーターを当サイト経由購入者様にプレゼントしています。特典の詳しい内容はこちら➡当サイトオリジナルインジケーター【特典】